早く消したい

ここでは、早くタトゥーを除去したい人に向けた施術法をご紹介しています。知っておきたいデメリットや、1回の施術で除去できる画期的なレーザー治療・EPL法も調べていますので、お見逃しなく。

早くタトゥーを除去できる切除法

就職や結婚を控えている方など、時間に余裕がなく「とにかく早くタトゥーを除去する必要がある」という方には切除法が向いています。

切除法は、その名前の通り、タトゥーや刺青を皮膚ごと切り取ってしまう施術です。小さなものであれば1回の施術で完了できますし、レーザーでは難しい染料を使ったタトゥーや、色素が皮膚の深いところまで浸透しているものも確実に除去できます。

大きめのタトゥーの場合は、数回に分けての切除手術になりますが、それでも従来のレーザー治療よりは少ない回数で除去できるのです。手術時は麻酔を使いますから、実はレーザー治療よりも痛くないという方もいます。

ただし、切除法にもデメリットはあることを理解しておきましょう。

切除法のデメリット

タトゥーの代わりに残る傷跡に注意

タトゥー自体は確実に消すことができますが、皮膚を切り取り、縫い合わせた後の傷は必ず残ります。縫い合わせた部分は、常に外側への力が働くため、数年後には傷跡が太くなって目立ってしまうこともあるのです。

切除法でタトゥー除去をしているクリニックは多いですが、切り取り方や縫い合わせる方法など細かい施術法はドクターによって異なります。

つまり、ドクターの腕によってどのような傷跡が残るのかが決まってしまうということ。
切除法でタトゥー除去をするなら、ドクターのこれまでの実績や施術方法について、できるだけ詳細に確認してみてください。

術後に後悔しないよう、信頼できる医師に施術してもらうことが重要です。

ダウンタイムがある

切除範囲にもよりますが、施術後1~2週間で抜糸が行われます。
抜糸までの期間中は、腫れや痛みのある状態が続き、感染症のリスクもあるので、できるだけ安静に過ごすことが望ましいです。

体をよく動かす仕事に就いている方は、ダウンタイムのことも考えて施術の日程を決めなければならないため、注意が必要です。

適用外の部分がある

切除法は、広範囲に渡るタトゥーや、皮膚に余裕のない部分には適用できません。

タトゥーの色は何色でも問題ありませんが、大きさや部位によってはできない治療である、ということを知っておきましょう。

早くて安全なEPL法もおすすめ

切除法では対応できないタトゥーを早く消す必要があるなら、EPL法という施術をおすすめします。

2種類のレーザーを使って効果的にタトゥーを除去するため、カラータトゥーや切除法を用いることができない部位のタトゥーも、1回の施術で除去することが可能です。

急いでタトゥーを消したい方は、ぜひEPL法も検討してみてください。

施術別 東京でタトゥー除去ができるクリニック厳選集