痛くない方がいい

ここでは、痛みが少ない方法でタトゥー除去したい人に向けた治療法をご紹介しています。治療に使われるレーザーの種類や、タトゥー除去の効果が高いEPL法も調べてまとめました。

痛みに弱い人にはレーザー治療

残念ながら、タトゥー除去は無痛で行うことがほぼ不可能な施術です。しかし、できるだけ痛みの少ない除去治療を望む方には、レーザー治療をおすすめします。

メスを使った手術ではありませんので、痛みや傷は最小限に抑えつつタトゥーを除去することができます。特に、若い女性に多いファッション性の高いタトゥーや墨汁と針を使ったタトゥーは、比較的皮膚の浅い部分に色素が留まっている可能性が高く、レーザー治療による効果が大いに望めるそうです。

ただし、レーザーでのタトゥー除去は「痛くない」という方もいれば「すごく痛い」という方も。人によって痛みの感じ方は異なりますが、レーザー機器によっても痛みや効果が変わってきます。

タトゥー除去で使用するレーザーの種類

Qスイッチヤグレーザー

タトゥー除去を目的に米国で研究開発された。黒、青などの特定の色素にのみ反応して吸収される性質を持つ。ゴムで弾かれたような痛みあり。
皮膚の深部(真皮層)に届く1,064nmの波長と、表皮のメラニン色素を効率良く破壊できる532nmの波長の2種類がある。

Qスイッチアレキサンドライトレーザー

755nmの波長をもち、メラニンなどの黒っぽい色に反応して短時間で色素を壊す。そのため健康な肌にダメージを与えにくい。色素沈着・色素脱失・瘢痕などのリスクが少ない。

Qスイッチルビーレーザー

694nmの波長をもち、アレキサンドライトレーザー同様、肌にダメージが少ない特徴がある。作用範囲が浅いのでシミやそばかす治療に主に使用される。

Co2レーザー

赤外線領域である波長10,600nmのレーザーを発するもので、水分に反応する特徴をもつレーザー。患部を深く切ったり、削ったりできるので、主にほくろ取りなどに使われる。強い痛みを感じる可能性あり。

ピコレーザー

532nmと1,064nmの波長を選ぶことができ、黒や青以外の色にも反応する。ピコ秒照射ができるため、従来のレーザーよりも痛みが少なく、短い期間でタトゥーを除去できる。

タトゥー除去に多く使われているのはQスイッチヤグレーザーになりますが、このレーザーを使った施術は、強めの痛みを伴うようです。(色素が皮膚の深い層に浸透している場合、高い出力でのレーザー照射が必要なのでその場合は痛みが強くなる)

最も痛みの少ないレーザーはピコレーザー(エンライトンという機器)で、こちらであれば従来のレーザー治療よりも痛みは少なくなります。また、ピコレーザーは、黒や紺以外の色にも反応するため、オールカラーのタトゥーにもとても効果的です。

施術後は、やけどの後のようなヒリヒリした痛みを感じることがありますが、数時間から数日で落ち着くのでそれほど心配はいりません。

手術による除去治療のように、術後の痛みやダウンタイムが怖いという方は、やはりレーザー治療がいいでしょう。

より効果を高めたい方にはEPL法がおすすめ

「レーザー治療では効果が弱いのでは?」「少し薄くなるだけで、満足いく結果にならないのでは?」と心配な方は、EPL法を行っているクリニックを探してみると良いでしょう。

EPL法は2段階治療でタトゥーを消す方法ですが、カラータトゥーでもほぼ1回の施術で済むほど効果が高い方法です。

施術別 東京でタトゥー除去ができるクリニック厳選集