痛くない方がいい

ここでは、痛みが少ない方法でタトゥー除去したい人に向けた治療法をご紹介しています。治療に使われるレーザーの種類や、タトゥー除去の効果が高いEPL法も調べてまとめました。

痛みに弱い人にはレーザー治療

残念ながら、タトゥー除去は無痛で行うことがほぼ不可能な施術です。しかし、できるだけ痛みの少ない除去治療を望む方には、レーザー治療をおすすめします。

メスを使った手術ではありませんので、痛みや傷は最小限に抑えつつタトゥーを除去することができます。特に、若い女性に多いファッション性の高いタトゥーや墨汁と針を使ったタトゥーは、比較的皮膚の浅い部分に色素が留まっている可能性が高く、レーザー治療による効果が大いに望めるそうです。

ただし、レーザーでのタトゥー除去は「痛くない」という方もいれば「すごく痛い」という方も。人によって痛みの感じ方は異なりますが、レーザー機器によっても痛みや効果が変わってきます。

タトゥー除去で使用するレーザーの種類

Qスイッチヤグレーザー

タトゥー除去を目的に米国で研究開発された。黒、青などの特定の色素にのみ反応して吸収される性質を持つ。ゴムで弾かれたような痛みあり。
皮膚の深部(真皮層)に届く1,064nmの波長と、表皮のメラニン色素を効率良く破壊できる532nmの波長の2種類がある。

Qスイッチアレキサンドライトレーザー

755nmの波長をもち、メラニンなどの黒っぽい色に反応して短時間で色素を壊す。そのため健康な肌にダメージを与えにくい。色素沈着・色素脱失・瘢痕などのリスクが少ない。

Qスイッチルビーレーザー

694nmの波長をもち、アレキサンドライトレーザー同様、肌にダメージが少ない特徴がある。作用範囲が浅いのでシミやそばかす治療に主に使用される。

Co2レーザー

赤外線領域である波長10,600nmのレーザーを発するもので、水分に反応する特徴をもつレーザー。患部を深く切ったり、削ったりできるので、主にほくろ取りなどに使われる。強い痛みを感じる可能性あり。

ピコレーザー

532nmと1,064nmの波長を選ぶことができ、黒や青以外の色にも反応する。ピコ秒照射ができるため、従来のレーザーよりも痛みが少なく、短い期間でタトゥーを除去できる。

タトゥー除去に多く使われているのはQスイッチヤグレーザーになりますが、このレーザーを使った施術は、強めの痛みを伴うようです。(色素が皮膚の深い層に浸透している場合、高い出力でのレーザー照射が必要なのでその場合は痛みが強くなる)

最も痛みの少ないレーザーはピコレーザー(エンライトンという機器)で、こちらであれば従来のレーザー治療よりも痛みは少なくなります。また、ピコレーザーは、黒や紺以外の色にも反応するため、オールカラーのタトゥーにもとても効果的です。

施術後は、やけどの後のようなヒリヒリした痛みを感じることがありますが、数時間から数日で落ち着くのでそれほど心配はいりません。

手術による除去治療のように、術後の痛みやダウンタイムが怖いという方は、やはりレーザー治療がいいでしょう。

より効果を高めたい方にはEPL法がおすすめ

「レーザー治療では効果が弱いのでは?」「少し薄くなるだけで、満足いく結果にならないのでは?」と心配な方は、EPL法を行っているクリニックを探してみると良いでしょう。

EPL法は2段階治療でタトゥーを消す方法ですが、カラータトゥーでもほぼ1回の施術で済むほど効果が高い方法です。

>>東京でEPL法のタトゥー除去に対応しているクリニックはこちら

タトゥー除去後の痛みについて

タトゥーを除去する場合、いくつかの方法が挙げられますが、基本的にタトゥーが入っているのは皮膚の真皮から皮下組織と呼ばれる箇所のため、除去には何かしらの方法でその場所にあるインクを壊すかそのまま切り取る必要があります。その場合はどうしても痛みが発生してしまうものです。どのような痛みなのか、対策はないのか、などについて解説します。

タトゥー除去の方法によって痛みが異なる

タトゥーの除去方法は様々です。最近ではレーザー照射によって皮膚に入っているインクを壊すことでタトゥーを除去する方法が主流になってきていますが、それでは取り除けないほど皮膚の深くに入ったタトゥーは外科手術などで取り除く必要があります。当然のことながら、除去方法によって痛みは変わってきます。皮膚にメスを入れるやり方は、皮膚の再生に時間がかかり、様々な種類の痛みが伴います。また、レーザー照射も皮膚表面に熱を伴い、痛みが発生します。タトゥーの除去方法毎に違う痛みがあるので、施術の前に知っておくことが大切です。

レーザーで除去する場合の痛み

タトゥーの除去に使われるレーザーは特殊なものです。皮膚の表面からある程度の深さまでレーザーを届かせる必要があるため、レーザーの照射中はチクチクと刺されたような痛みが伴います。レーザーがインクに反応するため、熱が発生します。このため、長時間のレーザー照射ができず、複数回にわたって照射を繰り返す必要があるのです。この熱は、レーザー照射が終わっても多かれ少なかれ皮膚に残り、ヒリヒリと痛みます。日焼けや火傷に近い痛みのため、患部を冷やすことによって痛みが和らぎます。個人差はありますが1か月~2か月かけて痛みがなくなります。次のレーザー照射は皮膚の赤味がひくまではできません。

切除法で除去する場合の痛み

タトゥーのある部分を外科手術で除去する場合、麻酔を使うのが一般的です。麻酔の種類は局所麻酔となるため、局所麻酔自体を施す際に痛みを伴います。術中の痛みは、局所麻酔が効いているため感じません。しかしながら、切除した皮膚は医療用の糸で縫い合わせられるため、従来の皮膚よりも少しタイトになります。そのため、手術後の皮膚はしばらくの間引きつられるような痛みを感じることがあります。また、抜糸をするまでは傷が化膿することもあり、かゆさを伴う痛みが生じる可能性があります。

植皮法で除去する場合の痛み

タトゥーの入った皮膚を外科手術にて切除した後、身体の違うところから切り取った別の皮膚を移植する方法を植皮法と呼びます。植皮法でも、麻酔を使うのが一般的です。使う麻酔は、局所麻酔が多いため、局所麻酔を打つ際に痛みが発生します。術中は麻酔が効いているため痛みを感じませんが、術後はタトゥーを除去した箇所と移植するための皮膚を切り取った場所に痛みが発生します。皮膚がひきつるような痛みや、痒みを伴う痛みが発生します。

削皮法で除去する場合の痛み

特殊な機械を使ってタトゥーの入った皮膚を削り取っていく削皮法でも、局所麻酔を使って行います。そのため、術中は痛みを感じることはありませんが、局所麻酔を打つ際の痛みは発生します。術中は痛みをありませんが、術後は痛みが発生します。皮膚を削るため、皮膚が赤く腫れます。走っている際に地面でこけてできた擦り傷に近いものができるため、傷口からは浸出液が出てきます。そのため、痒みを伴う痛みが発生します。シャワーを浴びる際に患部に熱いお湯が触れたりすると痛みが強くなります。

タトゥー除去時の痛みの緩和方法

どのような方法でタトゥーを除去したとしても、痛みは避けられませんが、耐えられないほどの痛みではありません。それぞれの除去法ごとに痛みを緩和させる方法を確認しておきましょう。

麻酔について

タトゥー除去の手術には表面麻酔、笑気麻酔、静脈麻酔、局所麻酔の4つの種類が使われることが多いです。これらの麻酔を使う事で術中は基本的に痛みを感じることはありません。それぞれの麻酔の特性を説明します。

表面麻酔

表面麻酔は、読んで字のごとく、皮膚の表面に麻酔を塗ることで塗った場所の感覚を麻痺させます。レーザー照射の前に用いられることが多く、レーザーによって発生する熱と痛みを感じにくくさせてくれます。

笑気麻酔

笑気麻酔は、マスクのようなものを顔につけて鼻から麻酔ガスを吸い込むことで麻酔をかける方法です。笑気麻酔では意識がある場合がほとんどで、手術中は笑気麻酔の影響でぼーっとした状態になります。体がふわふわと浮いたように感じる人もいるようです。笑気麻酔は体の感じる痛みを全体的に和らげる効果があります。

静脈麻酔

静脈麻酔は、静脈へ点滴をして麻酔を効かせます。数分で眠くなり、完全に眠ってから手術を始めるため、術中は痛みも意識もありません。強い痛みを伴う切除法や植皮法、削皮法の際に使われることがあります。

局所麻酔

除去したいタトゥーのある場所に局所的に麻酔を施します。局所的なので、患者の意識はあります。麻酔をした箇所のみ痛みを感じることがなくなります。除去したいタトゥーのサイズが小さい場合は局所麻酔のみで手術を行うことが多いです。

施術別 東京でタトゥー除去ができるクリニック厳選集