ここでは、足のタトゥー除去についての注意点・向いている施術法・費用相場についてご紹介しています。

足のタトゥー除去の注意点

足にワンポイントのファッションタトゥーを入れている女性もいらっしゃいますが、清楚なファッションを楽しみたい時「タトゥーが見えるのはちょっと…」と思うようになり、足のタトゥーを消したいという患者さんも増えているようです。

足のタトゥー除去を受ける際は、下記のような点に気を付けてみてください。

太もも

皮膚や組織にあまり余裕がなく、よく動かす部分でもあるので大きめのタトゥーの切除を行うと、ほとんどのケースで赤黒くて幅が広い傷跡ができます。
下着の圧迫や衣服の着脱で擦れやすいので削皮法の場合でも肥厚性瘢痕(傷跡が赤く盛り上がり、ミミズ腫れのようになること)ができやすく、注意が必要です。

下肢・ふくらはぎ

体重がかかり、うっ血する部位のため傷の治りが遅い部位。したがって、大きめのタトゥー除去を行う場合に手術系の方法ではリスクを伴います。
ふくらはぎのタトゥー除去手術は痛みも強く出るので、3週間程度のダウンタイムを想定しておいたほうが良さそうです。

足首

関節の可動部にあるタトゥー除去をする場合は特に注意。切除法を用いると神経や血管を傷つけたり、皮膚を取りすぎて後遺症が残る可能性があります。
小さめのタトゥーであっても、術後は安静にしておいたほうが傷跡はきれいに治ります。

足の指

タトゥー・刺青除去をすると最も痛い部分の1つ。肥厚性瘢痕ができてしまうと歩行時の痛みが激しくなるので、切除法などを用いる場合は注意が必要です。足にあるタトゥーを手術系の施術で取った場合、手術はうまくいっても一時的に傷が黒っぽくなることがあります。これが治るまでには1年くらいの時間がかかるようです。

また、植皮法で除去する場合は、できるだけ入院設備のある病院で行うほうが安心です。

施術法について

太もも外側は真皮が分厚いので、削皮法が第一選択となることが多いようです。

下肢やふくらはぎの場合、上述のように手術系の施術はハイリスクとなるため、レーザー治療が現実的。ただし、一般的にタトゥー除去に用いられるQスイッチヤグレーザーでは対応色が限られるので、自分のタトゥーの色に対応したレーザーを使っているクリニックを選んでください。

ごく小さなタトゥーであれば、部位にもよりますが切除法で取ってしまうことも可能です。確かな腕のある医師のもとで、的確な診断・安全な施術法で除去することを心がけましょう。

足のタトゥー除去の費用相場

施術法 サイズ 価格
レーザー 1cm×1cmの
タトゥーの場合
1万円~2万円
切除法 1cm 2万円~3万円
削皮法 1cm×1cmの
場合
3万円~4万円
植皮法 1cm×1cmの
場合
2万円~8万円
施術別 東京でタトゥー除去ができるクリニック厳選集