HOME » あなたにはどれがいい?タトゥー除去の施術方法一覧

あなたにはどれがいい?タトゥー除去の施術方法一覧

このカテゴリでは、タトゥー除去の施術法についてご紹介しています。各治療のメリット・デメリットや、施術の流れなど、詳しい情報をまとめてみました。

ピコレーザー

最新のピコレーザーを使えば、従来のナノレーザー(ヤグレーザーなど)で難しかった、赤・黄・緑・水色などの明るい色のタトゥーの色素も除去できます。

施術回数も従来のレーザーの半分以下(3~5回程度)で済むのですが、1回の施術で済ませたい人にとっては、まだまだ第一選択肢の治療法とはなり得ないかもしれません。

タトゥー除去施術による周辺組織への影響は少なく、傷跡が比較的目立たないところは◎。

>>ピコレーザーについて知る

切除法

タトゥーを皮膚ごと切り取り、その後周辺の皮膚を寄せ集めて縫い合わせる方法です。

小さなタトゥーならば1回の施術で除去が完了します。大きなものでも2~3回の施術でいいので「早くタトゥーを消したい」という人に人気が高いです。

ただ、部位によっては皮膚のひきつれや痛みが残るリスクもあるので、大きなタトゥーを切除する場合は注意してください。

>>切除法について知る

植皮法

タトゥーの入っている皮膚を削り取り、体の他の部分から採取した皮膚を移植して治す方法もあります。

もともとは重度の火傷治療に行われる手術のため、傷跡が目立たないように・きれいに仕上がるように、ということは二の次の施術法です。

リスクも高く、タトゥーの除去で植皮法が用いられることは現在は少なくなり「どうしても早く取りたいが、切除法は適応できない」という場合にのみ、この方法が選択されるとのこと。

>>植皮法について知る

アブレーション(皮膚削皮)法

タトゥーのある皮膚を薄く削って除去するのがアブレーション法です。施術の直後は患部が擦り傷のようになっていますが、徐々に皮膚が再生してアザのような形の傷跡が残ります。

大きなタトゥーでも一度の施術で済むのがいいところですが、削りすぎると傷跡が治りにくくなったり、ケロイド状になったりするので、熟練の医師の手で施術してもらうことが必須条件です。

また、ダウンタイムは少し長めになります(植皮よりは短いです)。

>>アブレーション(皮膚削皮)法について知る

【特集】効果・安全・スピードの三拍子そろった施術、EPL法

これまでのタトゥー除去施術のデメリットをすべて解消したのが、EPL法です。

2種類のレーザーを使って、皮膚を削る+残った色素を除去する、という2段階治療を行うため、一度の施術であらゆるカラーのタトゥーを除去できるようになりました。

切除やアブレーションではリスクのあった部位も施術できますし、ピコレーザーだけで行うよりもずっと早くタトゥーを消すことができます。気になる傷跡もキレイとなれば、誰でもEPL法に興味がわいてしまいますよね。

どんな治療法なのかは、紹介ページで詳しくご紹介しています。

>>EPL法について知る

施術別 東京でタトゥー除去ができるクリニック厳選集