東京西徳洲会病院

東京西徳洲会病院_キャプチャ
引用元:東京西徳洲会病院(http://www.tokyonishi-hp.or.jp/department/cosmetic-surgery/menu_other04.php)

東京西徳洲会病院の特徴

東京西徳洲会病院は徳洲会グループに所属する総合病院です。同グループは病院を70施設、診療所やクリニック、介護施設を合わせれば、その総事業所数は340施設になる組織。東京西徳洲会病院は、その59番目の病院として2005年9月に開院しました。

486床の病床数がある総合病院で、専門領域の治療も受けられます。内科や脳神経外科、形成外科、歯科口腔外科など20以上の診療科目を標榜(ひょうぼう)していて、美容外科の診療にも対応。形成外科専門医が在籍しており、治療目的の診療のほかさまざまな美容医療が受けられます。

東京西徳洲会病院のおすすめポイント

地域の健康と生活を守る総合病院

東京西徳洲会病院では、地域に住む人の健康と生活を守るために活動している病院です。救急医療にも力を入れており、「24時間、365日、患者さんを断らない医療」を徳洲会グループ全体で標榜しています。

各診療科では、各専門領域、職種の枠組みを超えて、患者さんの治療/予防/ケアにあたる事で患者中心のチーム医療の実践を目指しています。また、地域に密着した総合病院として、必要とされる医療を最大限に提供することも目標として掲げています。

総合病院ということもあり、美容外科によるタトゥー除去の治療でも、麻酔科といった美容外科以外の診療科とも連携して治療が実施されることになります。

交通アクセスは、JR青梅線の拝島駅が最寄りにあり、徒歩で約10分、昭島駅からは徒歩で約15分となります。無料の送迎バスもあり、拝島駅と昭島駅から出ています。車では中央自動車道八王子ICと首都圏中央連絡自動車道あきる野ICが最寄りとなり、駐車場も有料ですが完備されています。

形成外科専門医が施術

タトゥー除去・刺青除去をおこなうのは、形成外科専門医です。丁寧な診察によって、タトゥー・刺青の状態を把握。患者さん1人ひとりに合った施術方法を提案してくれます。施術の料金についてレーザーによる除去手術を受ける場合は、~5mmまでで10,000円、~10mmまでで20,000円です。範囲が狭いもので黒い墨で入れたタトゥー・刺青であれば比較的治療が受けやすいでしょう。

タトゥー除去の料金

ルビーレーザー

ルビーレーザーは、合成ルビーをレーザー媒質に使用している医療用レーザーです。赤色の波長が特徴で、産業用などでは効率があまり良くないためあまり使用されていませんが、美容医療ではこの赤色の波長が有効なために使用されるようになりました。

メラニン色素などは赤色の波長を吸収しやすいという特徴がありますので、シミやほくろを除去するときに、よく使用されます。東京西徳洲会病院では、このルビーレーザーを使用してタトゥー除去・刺青除去をおこなっています。

皮膚にキズ跡を残さないで治療できるというメリットがありますが、黒以外のタトゥーでは治療ができない場合があるので、注意が必要です。

切除・縫合

レーザー治療が難しい場合には、切除をしてきれいに縫合する方法を実施します。範囲が狭い場合にはタトゥーを除去後にそのまま縫合してしまうこともできますが、広範囲にあるタトゥーの場合には、自分の身体のほかの部分から皮膚を採取して、切除した部分に移植する必要があります。

どのような方法が有効なのかは、患者さんそれぞれの症状によって変わりますので、十分に相談することが必要です。

タトゥー施術法 サイズ 価格
ルビーレーザー ~5mmまで/~10mmまで
※各1mm増大ごとに2,000円アップ
10,000円/20,000円
切除・縫合術 症例によって異なる 症例によって異なる

クリニックデータ

住所 東京都昭島市松原町3-1-1
アクセス JR青梅線「昭島駅」南口より徒歩15分
受付時間 午前診療 8:00~12:00(診察開始は9:00)
午後診療 14:00~16:00(※専門予約外来が中心となります)
夕方診療 16:30~18:30
休診日 土曜午後、日曜、祝日、年末年始
院長名 渡部 和巨医師
所属学会 公式サイトに記載がありませんでした。
施術別 東京でタトゥー除去ができるクリニック厳選集