高須クリニック

こちらのページでは、東京赤坂にある「高須クリニック 東京院」で行うタトゥー除去の施術法や、価格について詳しく調べています。

高須クリニック_キャプチャ
引用元:高須クリニック(https://takasu-tokyo.com/operation/irezumi/irezumi.html)

高須クリニック東京院の特徴

メディアに登場する機会が多い高須克弥院長により、美容整形&美容形成外科としての知名度ではトップクラスの「高須クリニック」。東京院は赤坂駅から徒歩2分の場所にクリニックを構えています。

高須院長の人柄からもわかるように、高須クリニックは人生を前向きに生きようとする人達を応援する施術を心がけています。ほかの美容クリニックで断られるような難易度の高い治療でも可能な限り、患者さんの意向に応えられるように施術にあたってくれるでしょう。

高須クリニック東京院のおすすめポイント

さまざまなタトゥ―に対応

タトゥー、刺青、アートメイクなど、さまざまな入れ墨除去に対応しています。

ひと口にタトゥーと言っても、入れている範囲やカラー、色を入れている深さなど、クライアントによって異なるものです。高須クリニックでは、初回のカウンセリングでタトゥーの状況を診察し、施術の流れや費用、リスク、術後の肌の様子などを説明しながら各自に合う方法を提案してくれます。

4つの方法でタトゥーを除去

高須クリニックでは「レーザー」「切除縫縮(せつじょほうしゅく)」「剥削(はくさく)」「皮膚移植」の4つの方法でタトゥーを除去します。

レーザーを使ったタトゥー除去を行っている美容外科はよくありますが、切る・移植するなどの施術を行っているクリニックは多くはありません。ほかのクリニックで「難しい」と言われた人も一度相談してみてください。

年中無休で平日は忙しい人でも通いやすい

高須クリニックは年中無休です。診療時間は10時から19時まで行っています。電話での受付は平日夜22時まで、日曜や祝日は21時まで対応可能です。

「平日だと仕事の都合で通えない」という方でも休日や長期休暇などを利用して通えるでしょう。

タトゥー除去の料金

レーザー除去

ブラック、ブルーという色の濃いタトゥーをしている人におすすめなのが「レーザー除去」です。レーザーを数回照射して、徐々に色を薄くしていきます。皮膚に一番負担をかけずにタトゥーを除去できる方法です。

切除縫縮

切除縫縮は、タトゥー部分を切り取って正常な皮膚を縫い合わせる方法。タトゥー部位が小さい場合に適しています。

剥削と皮膚移植

タトゥーの範囲が大きい場合や、レーザーでは難しい赤や黄色のタトゥーについては、皮膚の表面を削る「剥削」か、太ももや背中などの皮膚を移植して刺青部分をふさぐ「皮膚移植」が適しています。

ただ、剥削法や皮膚移植はタトゥーを取り除くことはできても、術後に皮膚が盛り上がったり、火傷後のように見えてしまったりすることがあるので医師とのカウンセリングで不安は解消しておきましょう。

レーザーやメスを使ったさまざまな施術を用意していますが、担当医師との事前カウンセリングで、各施術の中からベストな方法を提案してくれます。治療期間、費用、リスクや副作用などのデメリットもしっかり話し合って、除去したいタトゥーに適した方法を選べるので安心感んがありますね。

タトゥー除去・刺青除去の施術料金は、下記のとおりです。切除縫縮、剥削、皮膚移植法などの複雑な手術が必要な場合は、割増料金になります。

タトゥー施術法 サイズ 価格
レーザー 1cm×1cm 10,000円
レーザー線状 1cm 10,000円
切除縫縮 1cm 25,000円
削剥法 ハガキ大サイズ 500,000円
皮膚移植 ハガキ大サイズ 600,000円

クリニックデータ

住所 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館12F
アクセス 東京メトロ千代田線「赤坂駅」より徒歩2分
受付時間 10:00~19:00
休診日 無休
院長名 高須 克弥医師
所属学会 日本医師会会員
日本美容外科医師会会員
日本形成外科学会認定医
日本脂肪吸引学会会長
アジア美容外科学会顧問 ほか
施術別 東京でタトゥー除去ができるクリニック厳選集