日本橋形成外科

日本橋形成外科_キャプチャ
引用元:日本橋形成外科クリニック(https://www.nihonbashi-ps.jp/)

日本橋形成外科の特徴

東京都中央区日本橋にある日本橋形成外科は、JR総武線快速、東京メトロ銀座線・半蔵門線三越前駅のA4出口から徒歩2分という好立地にあるクリニックです。クリニックの周辺にはコレド室町や日本橋三越があります。形成外科、皮膚科、美容外科の3つを診療科目として設置。

診療内容は、にきび治療、脱毛やシミ除去、そして、タトゥーの除去をおこなっています。治療に関する説明を丁寧にするのを心がけており、患者さんのプライバシーも守られているので、快適に治療が受けられるクリニックです。

日本橋形成外科のおすすめポイント

4つのこだわりで、患者さんに寄り添う医療

日本橋形成外科では、4つのこだわりコンセプトのもとに診療をおこなっています。まず、1つ目は「クリーン」です。外科系や皮膚科系のクリニックでは院内感染が問題となることがありますが、日本橋形成外科では、内装に抗菌素材を多く使用して、クリニック内の衛生管理を図っています。もちろんん、医療器具や材料も清潔であることを心がけています。

2つ目は「エコロジー」です。ディスポーザブルな器具などもなるべく環境に影響の少ないものを使用して、事務所のペーパーレス化も積極的に進めています。

3つ目は「オープン」です。患者さんの症状に対して、クリニックが一方的に治療を進めるのではなく、さまざまな選択肢を丁寧に説明して患者さんそれぞれに合う治療の選択肢を増やしてくれます。また、治療法に応じた費用の比較などもできます。

4つ目は「プライバシー」です。日本橋形成外科では、患者さんへ十分に配慮された環境でカウンセリングや治療を実施。ほかの患者さん診療内容がわかってしまうことはありません。

タトゥー除去の料金

レーザーによる治療

日本橋形成外科では、タトゥーの除去にレーザー治療を取り入れています。この治療の場合には手術をする必要がないので、身体的な負担は軽減されます。しかし青色と黒色の色素にしか反応しないため、それ以外の色が入っている場合にはレーザー治療ができません。

また、レーザーの場合だと複数回の治療が必要となり、タトゥーが広範囲の場合には、そのぶん費用も高額になるので注意しましょう。

手術による除去

タトゥーの範囲が広かったり、青色や黒色以外の色が入っている場合には手術による除去がおこなわれます。タトゥーがある部分の皮膚を切除して縫い縮めるか、広範囲にわたるときには、ほかの部分から皮膚を取って移植することになります。

手術によるタトゥー除去はどのような場合でも少なからず傷が残ってしまいます。「瘢痕、拘縮、色素沈着、知覚異常、可動域制限、ざ瘡」などが出現する場合も少なくありません。1本の傷のような形になるのが手術によるタトゥー除去において、理想だと言われています。手術によるタトゥー除去を選ぶ場合は、医師とよく話し合っておきお互いの齟齬(そご)をなくしておくことが大切だと言えるでしょう。

手術費用は広範囲になるほど高額になります。日本橋形成外科では、手術当日から3ヶ月の治療費を先に支払う方式をとっていて、その間の追加費用などは発生しません。費用や治療方法は患者さんと相談の上決定していきます。「思ったよりも費用が高かった」「無理やり手術をすすめられて、高額な医療費を支払う羽目になった」などの問題を未然に防止できるでしょう。

タトゥー施術法 サイズ 価格
単純切除 - 施術範囲によって異なります
レーザー 1ショット 900円(税抜)

クリニックデータ

住所 東京都中央区日本橋本町2-4-12 イズミビルディング2F
アクセス 東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅A4出口より徒歩2分
受付時間 月水木金 10:00~14:00/15:00~19:30
土日祝 10:00~15:00
休診日 火曜
院長名 網倉 良安医師
所属学会 日本形成外科学会、国際形成外科学会、日本口蓋裂学会、 日本美容外科学会、日本美容医療協会

 

施術別 東京でタトゥー除去ができるクリニック厳選集