タトゥーを入れて後悔する理由

タトゥーを入れて後悔する瞬間

タトゥーを入れて後悔する人もいますし、後悔など全くしないという人もいます。どう違うのでしょうか。多くの人が後悔する瞬間を事前に把握しておくことで、自分が同じような状況になった際に後悔しそうかどうかを確認することができます。ここではまず、後悔する瞬間を紹介します。

温泉やプールに入れないとき

まずは温泉やプールに入れない時が挙がります。多くの温泉施設やプールなどでは入れ墨やタトゥーの入った方の入場をお断りしています。肌色のテープを貼って入るという人もいるようですが、それも基本的にはNGです。今まで温泉やプールを多く利用している方は後悔する可能性が高いでしょう。

子どもができたとき

次に子どもができた時が挙がります。子どもが大きくなって、タトゥーのことを聞かれたらなんと答えるべきかと悩む人が多いです。また、子どもがタトゥーのことを人に話してしまうことを気にする方もおり、人目を気にして後悔するケースが多いようです。

パートナーと別れたとき

パートナーと別れた時もタトゥーを入れたことを後悔することが多いです。相手の名前をタトゥーとして彫ってしまった場合は言うまでもないですが、相手と同じマークのタトゥーを入れるなど、思い出も一緒に彫ってしまった場合などは後悔しやすいケースだと言えるでしょう。

就職・転職するとき

モデルの仕事や肌が見える服を着るような仕事をしている場合、これからしようと考えている場合も後悔することが多いです。タトゥーが入っていると、どうしても仕事の幅が狭くなってしまい、新しい仕事がもらえないケースがあるため、注意が必要です。

タトゥーを入れる心理

タトゥーを入れる際はどのような心理状態になっているのでしょうか。様々な理由でタトゥーを入れる人がいますが、大別すると下記の3つが主な理由が挙げられます。

心機一転するため

タトゥーを入れて、心を新たにするという心理があります。例えば、海外などでは、事故などで傷を負ってしまった部分にタトゥーを入れるといったケースもあります。傷跡を見るたびに事故の嫌な記憶を思い出すのではなく、タトゥーを見て事故を克服するというやり方です。事故でなくても、タトゥーを見るたびにやる気を出せるといった前向きな心理もあります。特に自分を変えたくてタトゥーを入れて新しい自分になるというのはわかりやすいケースでしょう。

ファッション感覚

タトゥーをファッションのために入れるという心理もあります。自分の気に入ったかっこいいデザインのタトゥーを好きな場所に入れるとうものです。簡単に消すことができないからこそ、タトゥーがかっこよく見えるものです。しかし、服やアクセサリーと違い、簡単には消せないため、注意する必要があります。

愛情表現のため

最後に愛情表現としてタトゥーを入れるというものがあります。付き合っているパートナーと同じデザインのタトゥーを入れたり、相手の名前を彫るなど、愛情表現の1つとしても使われます。タトゥーは消そうと思わなければ消えないため、タトゥーを入れるのはそれだけ相手のことを思っている証拠と言えるかもしれません。

タトゥーをどうしても入れたいなら

どうしてもタトゥーを入れたいと考えているのであれば、以下の2つのことを頭に入れておいてください。

タトゥーは一生ものだという覚悟をもつ

まずは、タトゥーは基本的にずっと体に入っているものという覚悟が必要です。タトゥーは簡単に消せるものではありません。体に一生入っているものだということを意識してください。子どもや家族、結婚相手と居てもずっとタトゥーはそこにあります。それでも良いと思えるのであれば、タトゥーを入れても後悔しないでしょう。

タトゥーは簡単には消せないことを理解しておく

タトゥーは簡単に消すことはできません。むしろ、消えないからこそかっこいいと思えたり、入れたいと思うのでしょう。タトゥーを除去する手術やレーザーなどの方法であっても、完全に消すことは難しいです。また、目立たないようにするにもある程度のお金がかかります。タトゥーは簡単には消せないということを念頭に置いて、入れるかどうかを検討してください。

タトゥーを入れて後悔している人へ

すでにタトゥーを体に入れていて、デザインが気に入らない、結婚を控えており邪魔になってしまったなどの理由で消したいと考えている人はどうすれば良いのでしょうか。そういう方が知っておくべき情報を紹介します。

タトゥーの種類によっては消しやすいものもある

まず、タトゥーに種類があるのをご存知でしょうか。自分で針とインクや墨を用いて彫る、自彫りと呼ばれるもの、タトゥーショップでプロのタトゥーアーティストに機械を使って彫ってもらった機械彫りと呼ばれるもの、最後に彫師という職人が手を使って彫る和彫りと呼ばれるものです。レーザー照射による方法などでは、自彫りや機械彫りには効果がありますが、和彫りには効果が薄いという場合もあります。レーザーは皮膚表面からの距離が近い場所にあるインクには効果がありますが、皮膚の深い場所に彫られたタトゥーには効果がありません。また、レーザーにも種類があり、黒や青などの濃い色には反応しやすく、薄い色には反応しづらいという特性を持つものもあります。

レーザーを使ったタトゥー除去について

タトゥー除去で主流となっているのはレーザー照射によるものです。外科手術によって取り除く方法は皮膚に傷跡を残す可能性が高く、手術による傷が治るまで時間がかかります。レーザーであれば、痛みは少なく、タトゥーの種類によってはほぼ目立たなくすることも可能でしょう。

施術別 東京でタトゥー除去ができるクリニック厳選集